弁護士「示談」と「慰謝料」の違いって何?

交通事故などで弁護士に入ってもらった場合、「示談」と「慰謝料」が関係することが一般的です。
しかし示談と慰謝料について明確な区切りはどんなことでしょうか?
そもそも(結論からいうと)ですが、慰謝料は示談金の一部であるようです。
そして示談金は交通被害者の治療費、休業損害、入院雑費、休業損害、入院雑費などが含まれるそうです(金額は精神的苦痛を金銭に換算)。
示談交渉は被害者と加害者が示談を話し合って決めるのが一般的のようですが、なかなかうまくスムーズに進められることではないのかもしれませんね。
もし示談交渉をする場合にはできるだけ交通事故案件を専門にしている弁護士、それに慰謝料等の相場を自分でも把握しておくことが大切なポイントになるとうです。
ちなみに交通事故でよくある「むち打ち」の損害賠償ですが治療期間は1~3か月が平均日数だそうです。
治療費、休業損害等では120万円が大きなボーダーラインになるそうです。
とにかく気になることは医者にドンドン聞いて早くよくなっちゃおう!
ネットでも慰謝料計算ツール等があるので、もし気になる方はシミュレーションツールぜひ使ってみてくださいね。